透明な時間がゆっくり流れてく with 黒沢秀樹 

休止中のL⇔Rのギター黒沢秀樹さんの曲、歌について、「私、ファン歴が浅いのが、とっても残念なの」な(=゚ω゚)ショボリな管理人が語ります。「ヽ(`Д´)ノ何をかたるんじゃい」と突っ込まれそうなブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この前の 伊江島SOUND JAMBOREE でもらったフライアー

PICT0267.jpg


O-EASTで行われた伊江島のSOUND JAMBOREEのフライアーとか見ていたら、sowan songさんのがあった。

2nd Albumのお知らせ。
まだレーベル面の印刷がないのか、そのもの自体はNOW PRINTINGってなってるけど、タイトルは「瞬間線」。リリースが2007年の2月21日らしい。

全6曲となっている。
①ココロカラフル
②春のダンス
③恋のオレンジジュース
④夜の水面
⑤ディンドン
⑥Happy Birthday

⑥は新曲だと思うけど、①は・・解らない。②から⑤は好きな曲の on parade。

で、これ買いかな、ということで、申し込みアドあったので、申し込んでみた。

「瞬間線」って、どういう意味が込められているんだろう。
「新幹線」とモジッテル・・って、そんなんじゃないか。
かっこいい響きと雰囲気だな。


さらに、フライアーの下の方に今後のライブ日程が出ていたのだけど、
「intersect vol.4」の案内が・・。


intersect vol.4 2007年1月28日(日)@7th FLOOR


前回(第3回)のintersectは10月9日。次回は1月(来年っていったのかもしれない)っていう告知があったとき、3ヶ月も先か、凄い先だな・・がっかりって思ったけど、それ以降、黒沢秀樹さんもsowan さんも、いろいろなイベに 参加されてるんだよな。

秀樹さんは12月15日にご自分の企画 Wonder-Ring Vol.2も控えてるし・・。


intersect vol.4の日付とかがはっきりしたものになると、とってもうれしい。
とりあえずそこまではがんばろうって気になれる。
ウマの目の先にニンジンぶら下げて、走らせる感じだな。


そして某掲示板に
monent のtalk & interview の

秀樹さんのインタビューのpart 2

がというのがあった。
ほんとうだ。2回目のうpされたんだ。

このロングインタビュー濃いし、秀樹さんの写真もいぱーいだし、うれしいね。
黒沢秀樹という人がますます好きになるよなインタビュー。

第1回  (=゚ω゚)ノ . ← これ   

第2回  (=゚ω゚)ノ  ←これ
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kazezishi.blog65.fc2.com/tb.php/21-4e71b4af

Menu

プロフィール

kazezishi

Author:kazezishi
ジャニス・ジョップリン、スピッツ、アイアン・メイデン、クイーン、そして、そこに黒沢健一が加わり、さらに黒沢秀樹が加わり、音楽嗜好の統一性のなさにいっそう磨きがかかりつつあるいきものです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。