透明な時間がゆっくり流れてく with 黒沢秀樹 

休止中のL⇔Rのギター黒沢秀樹さんの曲、歌について、「私、ファン歴が浅いのが、とっても残念なの」な(=゚ω゚)ショボリな管理人が語ります。「ヽ(`Д´)ノ何をかたるんじゃい」と突っ込まれそうなブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

intersect 4 のライブレポ ・・途中で終了の続きなのだ。。

昨日はライブの事を書く予定だったのに
気が付いたら、何も書いてなかったな。
そして眠ってしまった。

ライブは4部構成で
チョイチャックさん>sowan songさん(+ドラム+ベース)>黒沢秀樹さん(4ジェネ)>クロソワン(4人で)の順だった。

チョイチャックさんは、キャラというか、それ以上に体型(よって顔の形も)の違う2人組で、萩本欽一さんや関根勤さん、小堺一機さんらが所属している浅井企画の、芸人さんだった。HNK教育の家庭科の番組にも出ていらっしゃるらしい。
ショートコントをいくつか見せてくれた。犬の散歩のコントとかジョーズのコントとかおもしろかったな。
sowanさんとお友達らしくて、sowanさんの期待に応えられなくて・・とか、あのおっさんがお笑い大好きだからとか言ってた。
sowanさんが加わって、漫才トリオになっても違和感ないよなな感じだもんな。。

結構チョイチャックさん早く終わった気がした。


そしてそのsowanさんがギターとベースの人といっしょに登場。
なんか今回は、いつもより落ち着いた人に見えた。
(って、後で全開・・やっぱいつものsowanさんだった)

恋のオレンジシュースから。この曲最後の方でキメゼリフ?言うところあるけど、今回は「今年も一年僕のビタミンCで~」みたいなこといってたな・・・何故かいつもこの部分で笑ってしまう。

真ん中あたりで「水色のセカイ」。この曲ってsowanさんのアルバム「ノスタロジカル」のなかで、少しさみしい曲だけど好きだなぁ。CDはギターのみで、こちらも好きだけど、ライブでベースやドラムの加わったのを聴く。リフ・・じゃないな、ゆったりしたコード展開に、sowanさんの張った声が美しくのってた。水色のセカイが広く深く広がった感じでステキだった。そういえば、ガロの「水色の世界」も好きだったな・・ってオマエはいつの時代の生きもんじゃ・・・。

そして<キター>夜の水面。。始めて聴いた時は、演歌の定番のような歌詞だなとしか思わなかったけど、ライブで何回か聴いていくうちにやっぱ凄くステキだと気が付く。
(=゚ω゚)←反応遅いヤシ。

そして最後は春のダンス。
sowanさんが引っ越しされたのは、ブログで知っていたけど、引っ越しの際に、盗聴器ハンターで引っ越しのお部屋を調べたっていってたな。。神経細やかだな。
(=゚ω゚)b人は見かけにヨリマセンナ。。
でも、ステキな人だな。歌抜群だし。

そして「瞬間線」発売記念ツアーのお話に。
東京と大阪は、レコーディングメンバーでライブを行うということだ。
東京は5月9日だ。同じく7th FLOOR。
YANCYさんもみられるし・・クロソワンも見られるようでマジにうれしい。

そして黒沢秀樹さん登場。

出で立ちは、黒のタートルに黒のパンツに黒のブーツ。。かっこいい。
髪の毛が伸びたようで、って、縮んだら大変ですが・・耳の前にも長めの分けた髪を垂らしていてこれがまたかっこいい。が、ちょっと目の上が、黒く見えて、疲れてるのかなって思ったが、普通隈は目の下だから、違うか。照明のためか。

セトリは
愛のゆくえ> 休日>冬時間>かげろう>記憶>大事なこと>散歩

愛のゆくえ。この曲は何度でも聴きたい。
藤田祐介さんのギターがおしゃれで(=゚ω゚)bタマリマセンデシタ。

この曲の後のMCで、
「愛のゆくえでした。」「ちょいちょい」みたいなこと言ってたな。
要するにチョイチャックさんのまねですな。

秀樹さん、というより
よく掲示板なんかにのっかてる、そうそうヒデキング。
ヒデキング殿、ご機嫌麗しくあらせられるって感じでした。

なぜヒデキングっていうのか、ファン歴浅瀬にのり上がってる自分にはわかりません
(どなたか教えてくださいませ)
ひでき繋がりって、ひできりん、とか、ひできいはんとう、ひできオスク、とかひできnt(ry・・・さすがにかけねー)
とかいろいろ考えられるけど、やっぱヒデキングって合ってるなって思いました。

「休日」聴いて、高いところひき気味だったから
今日は声がちょこっとでないのかなって思ったけど
とんでもなくて、
いつもあんまりゾクゾクしない「冬時間」とかも
しっとりした感じで最高だった。

秀樹さんの声ってなんであんなステキなんだろな。
まさにダウナー。声と供に現実逃避できます・・最高ですね。

「かげろう」
秀樹さんの声に祐介さんの伸びやかなギターがまったり絡みイカッタナ。

「散歩」
最後のところで秀樹さんんが、ハミングバードならしてくれる。
うーーおしゃれだ、しかも渋い。
かっこよ杉でっせ。(=゚ω゚)。。。ヨダレが・・・。
そしてその後祐介さんのタップリのアドリブっぽいソロ。


MCはブログに書いてあった
4ジェネが3ジェネになったけどって、4ジェネって感じでやっていくみたいなお話と
昨日書いた、ライブ活動ちょっとお休みのお話と

なんだっけな・・

7th FLOORのメニューの話しで
当日ディン丼?っていう丼ものと黒ごまひじきという煮物が
あったのだけど、出るのがリン丼ばっかで
だから~黒ごまひじきも美味しいから食べてくださいねって感じのお話と
これまたブログに書いてあったギターのお値段が上がって
っていうお話あったな。

フォージェネすてきだ。
4人が座って黙々と演奏。
フォージェネってみんな年代3つになったとはいえ
年齢違うし、見た目もバラバラだし
個性もバラバラなんだろうけど

演奏しだすと、安定したリズム隊に乗っかって
祐介さんはなにげにステキナフレーズ弾きまくるし
秀樹さんは、あの声で歌いだすし
それが、凄くまとまってて
聴いてて気持ちよくて
なんかたまらないバンドですね。

ハミングバードって、名前の割に
肩はってるし、もう少し厳つい音を出すのかと
思っていたけど、結構 繊細な音もでるんだな。
サウンドホールカバーの変わりに
サウンドホールに黒のガムテープ貼ってた。
「皆さん気にしないでくださいね」みたいなこと言ってたけど
(=@ω@)b気になるゼェ。。
なんかハウリングするので、急遽って感じだったんだろうけど
ガムテープの粘着の糊が残らないだろうかとか
怪我してバンソコはってるようで
カワイソウなギターとかって思うよな。

そして最後はクロソワンだった。
といっても、4人。
そしてsowanさんが最高でした。お酒入って全開。
先程より200%くらい開いている。いいな~この感じ。
3曲ほど歌う。
曲が始まると、秀樹さんとsowanさんにチョイチャックさん達が成り代わってMCを。

勿論痩せた伊佐陶太さんか秀樹さんにになり、メタボリックシンドローム系の 河合鉄平さんがsowanさんに成る。

1曲目、始めて聴いた曲だった。これが秀樹さんのギターといい、メロディー展開といい、二人のハモリといい、凄くオシャレな曲で、マーブルという曲らしい。ファーブル昆虫記から覚えることができまスタ。歳を取って甘党になったって曲らしーー。

2曲目。これはこの前聴いた「大きな恋のメロディー」。この曲の最初の歌詞、すてきなんだよな。顔長の秀樹さんによりますと、小学校の頃、好きだった先生の事を思って作ったらしい。

3曲目。intersect。自分いつもブログにクロソワンのテーマって書いてしまって書き直す。sowanさんの変則チューニングで伴奏の音の幅が広くて、二人の声が追いかけるようにハモッてステキな曲なんだよな。

音源もまたライブやる頃には出来ているかもってことだった。
笑いとしっとり感有るライブ。
参加できてほんとシアワセだった。

sowanさんと秀樹さんは車でツアー回るらしい。
凄い開放感とど根性感じるな。

自分も励むゾ。
それにしても長いな、おつきあいありがとうございました。

(いろいろ密かに訂正・・・黒ごま秀樹では申し訳ないからな・・
って、もっと早く読み直せヤイ・・メニューの紙、同じテーブルだった知らない男の人が、持ち帰ってて、お持ち帰りしようと思った(=゚ω゚)の目論見は、トイレから戻った時点で潰え去ったのデシタ)

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kazezishi.blog65.fc2.com/tb.php/28-c2236806

Menu

プロフィール

kazezishi

Author:kazezishi
ジャニス・ジョップリン、スピッツ、アイアン・メイデン、クイーン、そして、そこに黒沢健一が加わり、さらに黒沢秀樹が加わり、音楽嗜好の統一性のなさにいっそう磨きがかかりつつあるいきものです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。