透明な時間がゆっくり流れてく with 黒沢秀樹 

休止中のL⇔Rのギター黒沢秀樹さんの曲、歌について、「私、ファン歴が浅いのが、とっても残念なの」な(=゚ω゚)ショボリな管理人が語ります。「ヽ(`Д´)ノ何をかたるんじゃい」と突っ込まれそうなブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブレポ hideki kurosawa and sowansong presents 「intersect]



明日は黒沢健一のmusic dayのライブだ。

その前に2日前に行った
hideki kurosawa and sowansong presents「intersect]のこと書いておかないと、脳内メモリが昔のPC的私なので、freezeしそうだ。

場所は渋谷の道元坂近くの 7th FLOOR.

出演者は

kakatoさん
Sowansongさんとドラム、リードギターさん(名前失念で失礼だな)
黒沢秀樹さん
と(の)
4generations

前回 黒沢さんの「summer」リリース記念のライブの時にkakatoさん以外は歌や演奏を聴いたことがある。

最初はkakatoさんだった。
kakatoさんは

押しつけて歌ってくる。結構個性的。ついでに足のカッコも個性的。
いろんなライブ見てて思うのだけど、レベルが一定にまで達しちゃったら、後は「何色が好きですか」っていうのと同じ様な次元になってしまうのかもと思う。既存の色ではなくて自分で新たな色を作り出す人は凄いとおもう。
私的には、好み色ではなかった。でも、うまい。最後の曲が圧巻であった。個性的だし、おまけにイケメン系だし、好きな人は凄く好きなんだろうな。

次はSowansongとドラム、ギターの方だった。

ギターをオープンGで自在に弾きまくるのが、かっこいい。この前も思ったんだけど、顔とアンバランスな歌声がいいんだよな。
そして、この人のMCは最高に好きである。結構自虐的な・・ブラックユーモアも交えてのMCなのだ。この頭の良さげなオシャレなセンスが歌にも出ているとおもう。CD買ってきました。まだ聴いてないけど。はやく聴けよ

次は黒沢さんだった。
セットリストは
ジレンマ>かげろう>冬時間>夢の地図>今すぐに>透明なブルース>summer>散歩>アンコール曲 Rights Of Humanity


セットリストとか出で立ちとか雰囲気はこちら↓

http://www.ourhouse-net.com/hideki/live_repo_.htm

でバッチリです。

黒沢さんのパンツは黒の皮っぽいやつで、靴は黒の短めのブーツでした。

楽器は、アコギがたかみねのカスタムメイドでペグの色が特徴的。
「冬時間」とかで、音色をばっちり楽しめる。

後は本当にかっこいいリッケンバカー625。
「透明なブルース」とか、黒沢さんがリッケン弾く姿というか、ちょっと逆で、黒沢さんに弾かれたリッケンがますますかっこよくて、痺れた。

ソロもう少し長く取って欲しい。32小節くらいドドートってそんなの無理か。ノって来たときに終わってしまって残念ナノダ。中途なのだ。もっと聴きたい。贅沢もの。でもそこが黒沢さんなのかも知れないと思ったりもした。

声は相変わらずのウルウル声。裏声かなと思うとふつーの声なのだ。転がって、葉っぱから散っていってしまう水滴のように、透明で美しい。

4ゼネレーションズのギタリスト 藤田 祐介さん

この人はお兄さんとやってる「RIDE on BABY」のギタリストでもある。この人凄くおかずの入れ方とかうまくて、曲を凄く盛り上げてると思った。細かいこと結構やってるし。子供はこの人のエフェクターの使い方ばっかり見ていたようである。パンダが入ってたとな。

この人凄くうまそうなんだけど、なんかヘンなのだ。何がへんなんだろうー、この前はタイムスリップしたような服装だったのだが・・と子供と車の中で話した。子供に言われて気付いた。そうなのだ。ギターを持つ位置がかなり高めなのだ。
あの位置だとぶれないだろな。の結論。

しかもこの人足が凄く長い。隣の黒沢さんはリッケン普通の位置なんだろうけど、黒沢さんの足はよく知らないけど(って、ほんとうか)・・凄い位置的に差があった。

戸田吉則さんや棚沢雅樹さんは楽しそう。戸田さんのサロペットの紐が落ちるのが、色っぽかった。のか。

このライブのコンセプトがかっこいい。
みんなで音楽を楽しむ空間を作っていこうみたいな。
だからライブを聴くのに、疲れないで、ゆっくり音楽を楽しめる。

ただ、ロックな曲のノリが今一になってしまうのがな。
両方を満たすのって難しいな。

今回も凄い充実したライブだった。

次回の告知があった。
次回も是非とも参加したいライブだ。

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kazezishi.blog65.fc2.com/tb.php/3-3178b3cf

Menu

プロフィール

kazezishi

Author:kazezishi
ジャニス・ジョップリン、スピッツ、アイアン・メイデン、クイーン、そして、そこに黒沢健一が加わり、さらに黒沢秀樹が加わり、音楽嗜好の統一性のなさにいっそう磨きがかかりつつあるいきものです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。