透明な時間がゆっくり流れてく with 黒沢秀樹 

休止中のL⇔Rのギター黒沢秀樹さんの曲、歌について、「私、ファン歴が浅いのが、とっても残念なの」な(=゚ω゚)ショボリな管理人が語ります。「ヽ(`Д´)ノ何をかたるんじゃい」と突っ込まれそうなブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hideki Kurosawa's 4 generations meet Jon Auerに走っていこう

the posies

秀樹さんがご出演のライブが3つある。

7月3日(火)渋谷7thfloor
Hideki Kurosawa's 4 generations meet Jon Auer (of The Posies)

7月7日(土) 京都「RAG」
伊藤銀次 The 30th Anniversary Toue "Baby Blue 2007"

7月29日(日) 代官山「晴れたら空に豆まいて」
伊藤銀次 The 30th Anniversary Toue "Baby Blue 2007"追加公演



だがなのだ。
自分は結構
ショボリな状況。

7日の京都の遠征に行けないのはともかくとしても、29日もきついのだ。次の日にmikaのライブを入れてしまっていた。いつもは連チャンでも平気なんだけど、今回はちょっときつい。mikaをやめて秀樹さんの方に行こうかなとも思う・・けど・・・でもな、もうチケット買ってしまってあるし・・迷う・・どーしよう。

さらに7月3日の方も、予約したけど、用事あって凄く遅れての参加になりそうだし・・。どのくらい聴けるだろうか。
自分の予定のたてかたがアフォ過ぎて、自分にうんざり。気持ちはとっても低空飛行だ。

でも気をとりなおそう。
時間短いかもしれないけど、一応7月3日のライブには参加できるから。

で、Jon Auerって誰なんだろうと。


1990年前後、シアトルと聞くと、すぐにグランジだと思ってしまう。
ニルヴァーナ、パール・ジャム、サウンドガーデンとか結構好きで、その感じで捕らえてしまうし、それしか知らない。

アフォだなぁ~。
(=゚ω゚)アフォ?アフォちがいまんねん、ぱぁーでんねん。
って・・なんかこのフレーズもちがってる気がするし・・。

黒沢秀樹さんや祐介さんのブログを読んで、パワーポップ系のバンドの人だったんだと知る。

じゃ、とりあえずということで、Jon AuerのバンドThe Posiesの、1枚目の1998年リリースのFailureと3枚目の1993年のFrosting On The Beater と一番最近の2005年のEvery Kind of Light を聴いてみた。選び方が凄いおおざっぱだけど・・。
最初と最後と3枚目は祐介さんが紹介してたからな。

1枚目はアコギがメインの曲も多く、メロディアスで軽く、確かにビートルズ入ってる感じだ。3枚目は1993年にリリース、しかもシアトル。グランジのまっただ中ということもあるのか、ギターの音が1枚目よりかなり重く厚くなっている。音の幅も凄く広がってる。しかも凝ってるしメロディアス。結構好きだな、このアルバム。一番最近のは、いろんな感じの曲が入ってる。キーボードもかなり活躍してて、巧みで飽きない感じのアルバムだ。

って、数回しか聴いていないからそんなくらいしか解らないな。それにしても歌がうまいな。
Big StarのはCD買ってない・・。

いつもは黒沢秀樹さんのライブ、時間的に余裕カマシテ行く感じだけど、今回は必死コイテ駆けつけるって感じだ。がんばろ。

e-プラスからのお知らせメールに、
 「ハナレグミ、YO-KING他出演 7/14(土)沖縄・伊江島での野外イベント発売中!」
っていうのが来ていた。

あたりまえだけど、sowanさんのお名前も。なんかうれしい。。

【出演アーティスト】
アルケミストfeaturing Luzfonte/ghostnote/saigenji/sowan song/
CHIHARU/堂島孝平/NAOTO/ハセガワ ミヤコ/ハナレグミ/浜崎貴司/
弾き語りYO-KING/比屋定篤子/ミドリカワ書房/湯川潮音

湯川潮音さんもだ。。健ちゃんが曲提供してる、トーベンさんの娘さんだ。「リンダリンダリンダ」で結構良い役やってて、最後にきれいな声で体育館で歌うシーンがある。あの映画、といってもDVDで見たけど、ベースボールベアーのベースの女の人とか、リリーとかいろんな人が出てておもしろかった。


って、久しぶりに更新したのに、内容がチャランポランだな。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kazezishi.blog65.fc2.com/tb.php/38-baee2733

Menu

プロフィール

kazezishi

Author:kazezishi
ジャニス・ジョップリン、スピッツ、アイアン・メイデン、クイーン、そして、そこに黒沢健一が加わり、さらに黒沢秀樹が加わり、音楽嗜好の統一性のなさにいっそう磨きがかかりつつあるいきものです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。