透明な時間がゆっくり流れてく with 黒沢秀樹 

休止中のL⇔Rのギター黒沢秀樹さんの曲、歌について、「私、ファン歴が浅いのが、とっても残念なの」な(=゚ω゚)ショボリな管理人が語ります。「ヽ(`Д´)ノ何をかたるんじゃい」と突っ込まれそうなブログです。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャケガイノススメ Beautiful Covers

自分が初めて聴いたのが最終回だったという「サタデーナイト TOKIWA」はまだ聴いていない。PC前にICレコーダーつったてて、シーとか言いながら撮ったものなので、生活音がはいっちゃてるからな。


う~ん、どうしようかな、って思ってた、ジャケガイノススメを購入した。何故どうしようかな~って思ってたか。

自分は主婦だから、色、艶、形を吟味して、シャケは買ったことあるけど、今まで、ジャケガイはしたことがない。だから、この本自体に興味が沸くだろうかと思ったからだ。普通本屋で実物見て買うかどうするか決めるのだけど、近くの本屋さんには置いてなかったし、注文しちゃうと、あたりまえだが、きちゃう。

この前、たまたまぶらりと入った本屋さんで、見つけたのだ、ジャケガイノススメ。
うっはーこれだぁ!の感激の出会い。

ここから秀樹さんのページだ、ちょい違反気味~ボケてるからいいよ・・ね。


黒沢秀樹さんの書かれたページを開く。

うっはー、カッコイイ音響機材の前で、お座りになって、英字新聞なんぞを、すてきなお顔なさって読んでいらっしゃる。と思って、立ち読みすると、なんとそれが、LPのジャケなのだ。

こんなんあるんだ!とプチ感動。

お持ち帰りいたしました。といっても、ちゃんとお金は払いましたヨ。

このジャケガイノススメは、15人のアーティストが、ジャケットが美しく、曲もナイスなものについて、自分の感想とか思い出を交えながら、ひとり14枚位選んで、紹介している本だ。

オネーチャン系も多い。古きよき時代を思わせる物、モノトーンが映える物、色が鮮やかなもの、面白いもの、秀樹さんが選んだなかの一つのように、これがジャケなのって思わせるものなど、見ていて飽きない。

1ページに一枚のジャケの写真とその紹介と、本の構成もシンプルでいい。

黒沢秀樹さんのは、115ページから128ページまで。

オネーチャン系からブルース・コパーンのモノトーンの渋めの物まで、各種取りそろえておりますっていった感じ。自分らがナニゲげに、というか結構楽しみに見ていた、ステージ101は、このバンドの影響でつくられたのか、とか、ミシェル ルグランの渋めなジャケ、よく持ってるよなとか、これ絵じゃないのとか、見ていて飽きない。

黒沢秀樹だけに限ったことじゃないけど、ここに登場している人達、よくこういう物をもってるよな。

そしてこの人、文章もうまい。黒沢秀樹のHPのTomorrow/Todayとか楽器の紹介のページとか、読むといつも感じるんだけど、文章がきれいなんだよな。内容も、自分には全く欠落している知識がいっぱい。よくいろんなこと知ってるよね、昔のことも含めて・・。なんか自分より年上の人のような気がする。


この頃、スピッツとL⇔RのLPがちょこっと増えた。思わず蓄音機買いたいといってしまいそうだが、マジにレコードプレーヤー買いたくなってきた。


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://kazezishi.blog65.fc2.com/tb.php/6-71612c4c

Menu

プロフィール

kazezishi

Author:kazezishi
ジャニス・ジョップリン、スピッツ、アイアン・メイデン、クイーン、そして、そこに黒沢健一が加わり、さらに黒沢秀樹が加わり、音楽嗜好の統一性のなさにいっそう磨きがかかりつつあるいきものです。

最近の記事

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。